英検ライティング〜頻出の環境問題の対策〜日本語で知識を増やし必要な英単語をふやそう

英検2級以上のライティング試験では、よく環境に関連するTOPICが出題されています。

例えば、次のようなTOPICが過去にありました。

  1. 今後もっと多くの人が環境にやさしい製品を購入すると思いますか?
  2. ソーラーパネルを設置する家が増えると思いますか?
  3. 日本政府はもっと環境を保護すべきと思いますか?
  4. 化石燃料は世界の主要なエネルギー源に今後もなると思いますか?

これらに対して、

「そんなこと…考えたことがないので何を書いていいのかわかりません」

とはよく聞くです。

「解りません」のままでは英検合格がありえないので、環境問題について日本語で仕組みを知り知識を増やすことが重要です。同時に主要な日本語を英単語でも知っておくと環境問題についてのTOPICを書く準備完了です。

これから、環境問題について仕組みを学んでいただき、同時に出てくる言葉の英語もドンドン使っていくこととします。

環境問題といえば…?

何が心に浮かびますか?

地球温暖化でしょうか?英語では global warming ですね。

global warmingとはどういうこと?

地球の温度が上がっているということ。

つまり、地球は太陽からの光によってあたためられ、地球から宇宙へ逃げようとする熱を温室効果ガス(greenhouse gases)がつかまえて、わたしたちが生活しやすい温度にしてくれています。

しかし、そのgreenhouse gasesが増えすぎて、地球を優しく包んでくれているオゾン層(ozone layer)に穴(ozone hole)をあけたり、地球の温度(temperature)がうまく調節できず、global warmingという問題が起きています。

でも…どうしてそれが問題なの?

global warmingによって、最近よく耳にするゲリラ豪雨(torrential rain or heavy rain)や異常高温(abnormal high temperature)などの気象変化(climate change)が起こり災害(disaster)が増えて、私たちの生活を脅かしているので大問題です。

頻発する大規模な地震(earthquake)もglobal warmingと関係があるのかもしれませんね。

また、greenhouse gases に含まれるフロン(CFC)や二酸化炭素(carbon dioxide)によって出来た ozone hole を通って太陽からの有害紫外線(ultraviolet light) が直接私たちに届いて体に異変をもたらしていることも問題です。

global warming を防ぐにはどうすればいいの?

greenhouse gasesに多く含まれるフロン(CFC)や二酸化炭素(carbon dioxide)の増加が問題で、一番の原因はcarbon dioxideと言われています。

私たちが日々の生活でcarbon dioxideを放出(CO2 emissions)しすぎたからです。

つまり私たちの生活スタイルが原因なのです!

例えば、私たちの日常生活に必要な電気を作るために石油やガスなどの化石燃料(fossil fuels)を燃やしたり、移動手段である飛行機・バスや自動車の排気ガス(exhaust gas)がふえています。便利の良いものを作ったり使ったりして私たちが carbon dioxideをたくさん空気中に出しているのです。

だから、地球を守るために、carbon dioxide を空気中から減らすために私たちの生活スタイルが変わつつあります。

それは、世界中の国が集まって会議をひらいて規制をつくったり数値目標を作ったりして、グローバルで取り組んでいるからです。

各国がルール作りをしていろんな分野のメーカーが地球にやさしい(eco-friendly・environmentally friendly)な製品を製作販売しています。

その例は、ハイブリッドカー(hybrid vehicle) や電気自動車(electric vehicle)・水素ガス自動車(hydrogen-powered vehicle)で、日本の自動車メーカー(automobile manufacturers) が fossil fuels のひとつの石油から作られるガソリンをあまり使わない、また一切使わない車を研究したり発売しています。

そして、私たちもそのような製品を購入して地球を守ろうとしています。

再生利用可能エネルギー(renewable energy)やクリーンエネルギー(clean energy)と呼ばれる太陽光(solar power)や風力(wind power)を使って私たちの生活に必須である電気を生み出すことがこれからのエネルギー政策の要です。

ぜひこれらの知識や英単語を使って、英検ライティングの環境問題のQUESTIONやTOPICに挑戦してみてください。

世界が目指すべき環境状態である carbon-neutral や sustainable society の時代が来るように私たちひとりひとりの努力が必要とされています。あとは、意味もよく分からず SDGs のバッヂをつけてられる方も数年前からよくみかけます(笑)

この carbon-neutral ・sustainable society ・ SDGs についてもレッスンではたくさんお伝えしていますが、これらの言葉が英検ライティング問題に使われる日も近いと思います。

環境問題はまだまだ解決途上にあるため、このページをアップデイトしていきますので、時々見に来てくださいね。

この記事を読んでも、???ばかりの方はぜひ当校のLotus生の仲間入りをして、英検に出題されるQUESTIONやTOPICを一人で書けるようになってくださいね。

画像をアップロード

英語リズム・発音研究所
ロータスイングリッシュスクール

大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141
まずは無料の体験レッスンにお越しください。