英検受験は小学○年生からスタートすると効率的&入試成功も可能

いまや英検は、中学受験・高校受験・大学受験に必須となっています。

ご存知ない方は、希望する学校のHPを見てみてください。英検合格級が受験資格・受験の際の加点・入学金や授業料の免除などに必要と明記されているかもしれませんよ。

また、指定校推薦や系列校の中学・高校や大学への進学にも英検級が必要な学校が年々増えてきています。

英検は、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を必要とする資格試験で、学校の英語の勉強とは違って、英検に合格するための対策をする必要があります。

これから英検受験を始める小学生の英語ビギナーならば、小学4年生からの英検受験を目指し、まずは英語に親しむことからスタートし、日常英会話・多くの英単語や基本的な表現が理解できるよう、週に一度60分程度の学習を続け、1年ほどの準備期間が必要です。

つまり、小学3年生から英検に必要な英語に親しみ始めないと、節目で必要となる英検3級や準1級の受験が手遅れになるかもしれないということです。

そこで、当校で実践している具体的な英検対策のタイムテーブルをお見せします。

小学3年生

英会話レッスンスタート

1年で基本となる英語の音とリズム、単語や日常英会話の力をつける。

STEP
1

小学4年生

英検受験前3ヶ月(7月)から英検5級の過去問題に取り組む。

初めての英検受験、秋(10月初旬)に英検5級を受験&高得点で合格。

☆英検5級は中学初級程度の英語力が求められる試験のため、300〜500語程度の英単語を取得し、合格証明書を実際に手にするとかなり自信になる。

STEP
2

小学5年生

英会話の学習とともに、英語の音とリズムの練習を続けながら、様々な文法理解の学習を深める。

英検受験4か月前から英検4級の過去問題に取り組む。

春or秋の英検4級を受験&合格

☆英検4級は中学中級程度の英語力が求められ、現在・過去・未来の時制もしっかり理解し、1000語程度の英単語力が身につく。

STEP
3

小学6年生

英会話・英語の音とリズムの練習に加えて、英検3級対策を毎回のレッスンで行う。

春or秋に英検3級受験&合格

☆個人差はあるが、週に一度の英会話レッスンを小学3年生から4年間続けると、無理なく中学卒業程度と言われている英検3級への合格が可能で、英検3級は中学卒業程度の英語力が必要とされるが、小学生の間に合格を済ませておくと、私立中学の受験を優位に進めることができ、中学に入学してからも自信を持って英語の授業に臨める。

STEP
4

中学1or 2年生

学校の英語の予習&定期試験対策&英検準備

英検準2級に挑戦し、遅くとも中2の中頃までに合格

☆多くの学校では中3で学ぶ関係代名詞や現在完了形の表現を英検準2級対策で先取り。

STEP
5

中学2or 3年生

学校の英語の予習・定期試験対策&英検準備

英検2級に挑戦し、中3の秋までに合格

☆英検2級は高校卒業程度の英語力が必要とされ、中3の秋までに合格できると、高校受験を優位に進めることができ、英語を得意科目にすることが可能。

STEP
6

高校2or3年生

高3の春までに英検準1級合格

☆英検準1級は大学中級程度と言われているが、準1級に合格できれば、社会人になっても英語に困ることなく自信を持って英語を話したり、読んだり、書いたりできる力が備わる。

STEP
7

もちろん、英検に特化したレッスン内容なら期間を短縮することは可能ですが、楽しい学習でないと続けることが難しくなり、もう英検は辞めたいなんてなれば本末転倒です。

英検以外にも多くの英語に慣れる機会を作り、対面クラスでは、英語を使ったゲームやクイズをしたり、手元を見ずにPCのキーボードを使ってタイプできる練習も年齢や進度に合わせてレッスン内で楽しく学習しています。

前述のとおり、小学4年生から英検級を先取りしておくと、中学・高校・大学の入試に慌てることなく、優位に進めることができます。

英語を前倒して学習しておいて、無駄になることは何もありません。いづれ学習すべき英語を早いうちに身に付け、他の生徒たちとの差別化を図っておくことで、人生の節目となる中学入試・高校入試・大学入試を成功させることができるでしょう。

小学3年生をお持ちのパパやママはぜひこの機会に子供たちの英会話レッスンスタートを考えてみましょう。

画像をアップロード

英語発音リズム研究所
ロータスイングリッシュスクール

大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141
まずは無料の体験レッスンにお越しください。