コラム

嫌いにならない英語との付き合い方〜どうしたら英語が話せるようになるの?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hello~ How are you today?

「どうしたら、英語が話せるようになるのでしょうか?」

よく聞かれる質問です。

大人の場合と子供たちの場合について、私の体験も含めてまとめてみました。

どうしたら英語が話せるようになる?大人の場合

Aさん
仕事で英語を話せるようになりたいんですが、上司から外国人になれるために外国人がいるバーに行くといいよと言われたんですが…どうでしょうか?
kazue
いいねぇ!英語に触れる時間を増やすと言うのがポイントですね~

ただ…お話のネタはお持ちですか? まさかの”What’s your name?”からのスタートではないですよね?

外国人の英語を聞いてるだけでは、一方通行です。

お相手の外国人も話の通じない人では面白くも楽しくもないので、相手にしてくれません。

突然、英文が下りてきて話し出せることはありませんので、英文をいくつか用意して話す準備練習をしておくといいですよ。

アイヅチの打ち方も練習しておくことをオススメします。

Aさんは「ただ慣れるため」に外国人がいるバーに行くことを勧められたそうですが・・・

”外国人に慣れる”ところからスタートするということは、つぎは?

きっと…”英語を聞くことに慣れる”でしょうか?

いつになったら英語を話すところに到達出来るのでしょうか?

大人の場合は、効率的に英語を身に付けたいですよね?

Lotusでは英語の4技能

  • listening
  • speaking 
  • reading
  • writing

のうち一番日本人が苦手とする”speaking – 話す”の練習をドンドンしますよ。

まずは通じる英語にするように発音・リズムの矯正を徹底し、次にシンプルな文章作りができるに練習します。

そして、中学英文法を駆使して、少し長いTO不定詞や関係代名詞を使った文章作りに挑戦というように移行していきます。

どうしたら英語が話せるようになる?子どもの場合

Bさん
次の夏は小学生の子供たちを海外のキャンプに行かそうかと思っています。
kazue
楽しそうでいいですね!ところでお子さんたちは英語かなりお出来になるんですか?
Bさん
いえ、まったくできません。
kazue
じゃぁ、お子さんたちの性格を見極められた方がいいかもですね。いきなり英語だけの世界に放り出して、もう二度と外国人はイヤだ!英語は難しい!なんて言うふうに子供たちが思うことになったら逆効果で困りますよね。また反対にただ楽しかっただけでもちょっと費用対効果が…になるかもしれませんね。

いくら積極的な物おじしない子供でも、少なくともご挨拶やそのキャンプで使う英語をインプットしてから送り出してやりましょう。

私の経験から言って、10代で海外を体験できるのはその後の人生に大きく影響すると思います。

私は13歳で初めて海外旅行・海外キャンプを経験し、その時に通じた英語の思い出が今の私につながっています。

12歳から英語学習をはじめ、いくつかの英文を話せたがゆえに、その楽しみを感じることができたと思います。まったく、一言も話せないままだったなら、英語が通じる楽しみを感じることは出来ず、ただ外国人のみんなと楽しかった止まりになっていたはずです。

英語が好きになるには準備が大切

大人にしても子供にしても、英語が好きになるためには準備が大切です。

いきなり本番では取り返しのつかないことになるかもしれません。

もちろん100%の準備はできませんが、その準備が大きな助けとなり、楽しみを倍増してくれますよ。

 

★まずはこちらのレッスンを体験してください★
スクール情報

英語リズム・発音研究所、マンツーマン英会話スクール
ロータスイングリッシュスクール
大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141

★レギュラーレッスンは下記画像をクリックしてご覧ください★

bannar1

The following two tabs change content below.
Kazue Diba
必要な英語だけを学んで 【外資系企業への転職】 【外資系航空会社の客室乗務員CAに合格】 こんな夢をどこよりも短期間で実現させる Lotus English Schoolを2010年1月堺筋本町にオープンしました。 現在、英検合格やTOEICのスコアーアップを目指し、転職準備を始めている人が たくさんおられます。 それぞれの人に見合った業界やポジションを探して、今よりも良い環境でお仕事ができるように応援しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*