英語のスキルと地頭成長の両方を手に入れられる脳の使い方トレーニングとは?

「脳にスイッチを入れてスペックを上げる」

この一言を実行するだけで、何歳になろうとも人間の脳を成長させることは可能なようだ。

ただ、一番最初にするこの『脳にスイッチを入れる』というのが容易くない。

人間の臓器のひとつである脳も他の臓器同様にちょっと怠慢なところが有り、なかなかすぐには思い通りに動いてくれない。

<Lotus式>脳にスイッチを入れスペックを上げる方法

当校では、まずは英語を好きになってもらうところからスタートする。

好きになってもらうには、「英語は楽しい!」や「英語がわかる!」などを生徒に体験してもらう成功体験が何より必要なファクターだ。

さらには、各生徒の得意とするところを生徒自身が認識を高めるレベルまで講師が褒めて伸ばすことも必要。

だから当校では何度も「あなたは~が得意ね」「あなたは~がとても上手ね」「あなたの~はレベルが高い」、更には「あなたの得意は~で活かすことができるね」「あなたの得意を使うと~の仕事が向いてるかもね」と声をかけている。

日本は家庭内や学校であまり褒められないため、自己肯定感が低く自分の得意を見落としがちな社会だから、ここは特に意識してやっている。

ここまでが英語学習のウォーミングアップといったところだ。

ウォーミングアップが出来れば、いよいよ生徒の持つ標準値を上げることを目指すレッスンを開始する。

例えば、英語を読むスピードに関して、誰もが自分自身のスピードを持っていて、いつもその速さで英語を読む。

この同じことの繰り返しでは脳のスペックは上がらない。

そこで、講師がその先導役となりスピードを上げて一緒に読む練習をする。

もちろん、ただスピードを上げるのではなく、正しい発音・イントネーション・リズムで英語と一体化できるまで何度も読み上げる。

そうすれば、その生徒の英語を読むスピードは変わる。知らず知らずのうちに変われるのだ。

そして、スピードを上げることが出来れば、次は、ただ音読するだけではなく、同時に意味を考えるということを課する。

眼で英語をみて、瞬時に声に出し、さらに、どこまでがその文章の主部(または主語)で動詞はどれで、どんな文法が使われているかも解読して、感情を動かして意味まで考えてもらう。

さらには、段落ごとの要約まで講師に求められる。日本語ではなく英語で!

これらの動作は、それぞれ脳の中の違った数箇所の部位が同時に動き、集まった情報を総合的に捉える。

これでやっと英語を読んだ=英語を理解したということになる。

ここまでを読んで、「英語を理解するのは大変!」と思っただろうか。いやいや、日本語を読んでいる時には、これらのことを意識せずに、また、トレーニングを受けずに日々こなせるようになっている。

時間が解決してくれるのだ。

当校では、今日も講師がストップウォッチ片手にレッスンに勤しんで、生徒たちの「英語脳の誕生・育成」に励んでいる。

英語に関しては、このようなトレーニングで最速で「英語脳」を作り上げることが可能となる。

英語というスキルと同時に地頭の成長という両方を手に入れられることとなる。

これら2つを駆使することで、競争が強化する21世紀社会に勝ち残れること間違いなしだ。

画像をアップロード

英語リズム・発音研究所
ロータスイングリッシュスクール

大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141
まずは無料の体験レッスンにお越しください。