コラム

英語は右脳or左脳?どちらを使う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

語学学習は、数学と同じように「ルール=文法」を覚えることが必要ですので、左脳が司ります。

では、左脳ばかりを使って毎日を過ごすことで英語の上達スピードが上がるのか?

答えはNOです。

なぜなら・・・

「言語とは何か?」を考えてみてほしいのです。

言語とは、人に何かを伝えたり表現する手段です。

どんなことを伝えたいですか?

  • 嬉しかったこと?
  • 悲しかったこと?
  • 感激したこと?

その他、何かを共有したい時にも言語が必要です。

言語を学ぶと何かをシェアできる人が増えるということです。

ご存知のように、このような感情表現は右脳が司っています。

語学学習には右脳を使うと、英語の表現力がぐっと上がるのです。

また、違った観点から物事を見られるようになったりもします。

自分に問いかけてみましょう。

そして、自分の感情をきいてみて英語で表現してくださいね。

 

★まずはこちらのレッスンを体験してください★
スクール情報

英語リズム・発音研究所、マンツーマン英会話スクール
ロータスイングリッシュスクール
大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141

★レギュラーレッスンは下記画像をクリックしてご覧ください★

bannar1

Kazue Diba

米国やデンマークへの留学・国際結婚・米国に始まり英国やデンマークに本社を持つマルチナショナルな企業ばかりへの転職を経験し、国際営業・支社長バイリンガル秘書・ロジスティックス・人事など多種に及ぶ仕事を経て、Lotus English Schoolを2010年1月堺筋本町にオープンしました。

必要な英語だけを学んで仕事やプライベートライフのあなたの夢をどこよりも短期間で効率的に実現します。

英検合格・TOEIC L&Rのスコアーアップを目指している人や聞き返されない英語にするためのオリジナルメソッドによる発音矯正を受講する方を応援しています。

コメントを残す

*