コラム

ビジネス英会話で必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hi! I’m Kazue Diba of Lotus English School.
How are you?

■仕事で英語が必要だから
■キャリアアップしたいから

という目的で英語を学ばれている方がたくさんいらっしゃいます。

仕事で英語を使うときに必要なことってなんだと思いますか?

この記事では、今まで多くの外国人の方と一緒に仕事をしてきたわたしの経験を元にビジネス英会話で必要なことについて書いていきたいと思います。

キャリアアップとは

そもそも「キャリアアップ」って何でしょう?

より高い資格・能力を身につけること。経歴を高めること。

とコトバンクには載っていました。 

わたしは、キャリアアップというのは自分の得意分野を会社に認めてもらって、より良い報酬を受けることだと思っています。

先日、こんな会話になったことがありました。

kazue
キャリアアップのイメージってどんな感じですか?
ある人
お給料は増えるけれども、責任が増えて、仕事も増える。
それに伴って残業が増えて、深夜まで仕事をする=しんどくなる
というイメージかなあ。。。
kazue
えぇぇぇっっ・・・・

ちょっとというか、かなりビックリしました。

あなたのキャリアアップのイメージはどんな感じでしょうか?

このブログを読んでいるあなたは、きっとキャリアアップをプラスのイメージと捉えて、そのために英語を勉強しようと思っている人だと思いますが・・・

キャリアアップに英語は必須!?

今まで日本の会社だったのに、いつのまにか外資系の会社に買収されて・・・
なんてこと、他人事ではありませんよ。

 

日本の経済状況を見ると、日本の消費者は飽和状態です。
だから成長を目指す日本の会社は海外に目を向けることは必須。

シャープやパナソニックが経営不振に陥っているのは、海外に目を向けなかったから・・・
同じ業界で成功したのは、韓国のサムソン。

サムソンはもう何十年も前から海外に出ています。

韓国はそもそもマーケットが小さいから外に目をむけなければ仕方がない状況でした。
でも、それが功を奏しているのです。

日本の企業も海外に目を向け始めています。

そうなったとき、会社が成長していくために、社員に対して「英語がしゃべれる人」という要求が降りてくるようになります。

 

社内をみれば、同僚が外国人であったり、社内の公用語が英語になったり・・・

なんてことは、一部の企業だけの話ではなくなってくるのです。

 

最近では、日本酒を海外に売りにいっている蔵元さんをよくテレビで見ます。

日本国内のみならず、海外に目をむけなければいけない時代=仕事で英語を使うのは当たり前な時代になってきたのです。

 

ある人
自分が英語話せなくても、通訳がいれば大丈夫と違いますの?

数年に1度しかない出張であれば、それでいいのかもしれません。

でも、いつまでも通訳さんを使っての会話では自分の思いがきちんと伝えられないですよね?

時間的なロスにもつながります。

kazue
シンプルでいいので、自分の思っていることを自分で伝えれるようになる方が、喜びも大きいし、やりがいもあるし、きっと商売もうまくいくと思いますよ。

自分で伝えるということとは・・・

自分で伝えるというのは、その人のキャラクターが伝わるということです。

ビジネスにおいてキャラクターを出すことは、とても大切だと思っています。

 

◯◯さんだから買いたい!
◯◯さんと仕事がしたい!

と言われるぐらいの営業マンになって欲しいのです。

そのためには、

■自分のキャラクターを表現する。
■他の人と違うことをする。

ということが必要ですよね?

人と同じ決まり文句のメールを送っても、何も相手の心は動きません。

メールひとつでも、今後も繋がれるメールの書き方、そうでない書き方があるのです。

これいくら?これ納期いつ?といった決まったこと、必要なことしか書かなければ、他の人と一緒。

必要事項+αでないと、選んでもらえないのです。

必要事項+αって? 

例えば、普段のメールの中でも「How are you?」の一言が入るだけでも変わってくるのです。

kazue
要件だけ書くのではなく、
How was your last weekend?
って聞けるかどうかだけでも全然違うのですよ。
生徒さん
仕事のメールなのに、そんなプライベートな話していいんですか?
kazue
一度聞いてみましょうよ

聞いてみて、相手がのってきたらそれでOKだし、乗ってこなければ乗ってこないでOKなんです。

kazue
「わたし、昨日京都に行ってきたの。桜の花がとっても綺麗だったのよ」っていう話を聞いて、いやな思いをする人は誰もいないですよね?

要は、コミュニケーションをもっととってほしいということなんです。

 

Mrs.kazue
「納期遅れます」
だけのメールがきたらかちんとくるでしょ?

こんな要件だけのメールがきたら、「どういう意味やねん?」って即電話しようかと思うぐらいカッカとなりませんか?。

納期が1週間遅れる事実は事実。
でも、じゃあどうするのか?

それを説明しないといけません。

「このような理由で遅れてて、代替え案として、◯◯と△△があるんですけど」
ってお客さんに見せて、状況を説明する。

理由説明は必須ですが、普段からコミュニケーションができていれば、相手を怒らすことなく代案を受け入れてもらいやすくなります。

相手に「仕方ないな〜」って思ってもらえるかは、コミュニケーションがとれてるかどうか。

全然顔の見えない相手に同じこと言われても、なかなか代替案すらのんでもらえません。

 

ビジネス英会話で必要なこと.002

英語はコミュニケーションのツール以外何者でもないのです。

英語が上手だから商売がうまくいくのではありません。

上手に感情を出してコミュニケーションをとったり、おもてなしの心遣いがあったりするからうまくいくのです

Mrs.kazue
全ては人間関係。コミュニケーション。
ビジネス英会話で必要なのは、心が通じるコミュニケーションなのです。

英会話の個別レッスンは大阪・本町のロータスイングリッシュスクール

大阪で英会話のレッスンをお探しならマンツーマン指導のロータスイングリッシュスクールへ!無料体験レッスン随時受け付け中です。

bannar1

★まずはこちらのレッスンを体験してください★
スクール情報

英語リズム・発音研究所、マンツーマン英会話スクール
ロータスイングリッシュスクール
大阪市中央区本町橋2-21 リバーライズ本町橋2F
TEL:06-6949-8141

★レギュラーレッスンは下記画像をクリックしてご覧ください★

bannar1

The following two tabs change content below.
Kazue Diba
必要な英語だけを学んで 【外資系企業への転職】 【外資系航空会社の客室乗務員CAに合格】 こんな夢をどこよりも短期間で実現させる Lotus English Schoolを2010年1月堺筋本町にオープンしました。 現在、英検合格やTOEICのスコアーアップを目指し、転職準備を始めている人が たくさんおられます。 それぞれの人に見合った業界やポジションを探して、今よりも良い環境でお仕事ができるように応援しています。

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*